2013年08月17日

ツナギ売りと両建てと損切り

この
「勝率9割!損切り不要のFX投資術」
のキモは「両建て」です。

ツナギ売りの基本は「両建て」です。

どの本やネットにも「両建てはするべきではない」とあります(ちなみに「損切りはするべき」とあります)。

なぜかというと「意味が無い」からです。

両建てとは、例えば米ドル/円の買いポジションと売りポジションを同時に保有することです。

米ドル/円が100円の時、更に上がると思って買いでエントリーしますよね。
でも、下がってきたので慌てて99円で売りのエントリーもしたとします。
つまり「両建て」をしたわけです。

それから例えば
更に下がって97円になったとします。

・100円で買ったものは−3円
・99円で売ったものは+2円

持ちかえして103円になったとしますと

・100円で買ったものは+3円
・99円で買ったものは−4円

両方とも結局−1円になってしまうのです。

つまり、意味がないのですね。

ここで感の良い方は気付いたかもしれませんが、
損が固定されてますのね(上の場合ですと−1円)。

なので、「損切り」の必要がないのです。

この「損切り」を不要にするための「両建て」なのです。

めでたい!!

でも、更に勘の良い人はこう思うはず。

「これでどうやって儲けるの!」

そうですね。

解説書には、損切りを実行した場合とツナギ売りを実行した場合の比較がきっちりと説明されています。そして、どのようにしたら儲けにつながるのかも


作者は理系出身のようで、解説にもしっかりと現れていま

この辺りが、私ゆーなみが「しっかりと学べば稼げる!」と思えるポイントです。

レポートの一部は作者のHPに行くと無料でダウンロード出来ますので、ご興味を
持った方は一読をお勧めします。

「勝率9割!損切り不要のFX投資術」&【エントリープラン編】(計算ツール付き)+会員制サイト「ツナギ売り実践塾」2年間アクセス権付き

【関連する記事】
posted by ゆーなみ at 10:56| 「勝率9割!」のポイントとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。